地域密着型サービス外部評価

地域密着型サービス外部評価

地域密着型サービス外部評価とは

事業所自らが実施する「自己評価」と公正・中立な第三者評価機関が実施する「外部評価」から成り、原則として少なくとも年に1回は実施することが事業者に義務付けられています。

外部評価は行政が行う指導監査とは異なるもので、第三者評価機関による外部評価の結果と事業所が自ら行った自己評価の結果を対比して両者の異同について考察した上で総括的な評価を行い、事業所のサービスの質の改善を図ることを狙いとするものです。

地域密着型サービス外部評価の流れ

地域密着型サービス外部評価の流れ  

外部評価様式のダウンロード

以下より外部評価の様式(エクセルシート)がダウンロードできます。

 

自己評価及び外部評価様式.xls

外部評価料金表

外部評価料金表(H30年度).pdf.

 

評価実績

現在までの地域密着型サービス外部評価の評価実績については以下のリンク先よりよりご覧になれます。

①WAMNETのトップページより医療・福祉関連情報の評価情報福祉サービス第三者評価「介護保険地域密着型」をクリック
②介護保険地域密着型サービス外部評価情報の「評価機関をみる」をクリック
③評価機関をみるの「九州・沖縄」をクリック
④九州・沖縄の長崎県 特定非営利活動法人ローカルネット日本評価支援機構
 「評価実績」をクリック

お気軽にお問い合わせください

お問い合わせバナー