社会的養護関係施設第三者評価

社会的養護関係施設第三者評価

社会的養護関係施設第三者評価とは

社会的養護関係施設の第三者評価については、平成24年度より、毎年「自己評価」を行うと共に、3年に1回以上の第三者評価受審と評価結果の公表が義務づけられています。

社会的養護関係施設第三者評価の流れ

評価の流れ(社会的養護施設)

社会的養護関係施設第三者評価における判断基準(a b c)についての考え方

社会的養護関係施設第三者評価における判断基準(a b c)は、最低基準を満たしていることを前提とし、より高いレベル(水準)を目指すうえで福祉施設・事業所の目安となる判断基準としております

a:よりよい福祉サービスの水準・状態、質の向上を目指す際に目安とする状態
b:aに至らない状況=多くの施設・事業所の状態「a」に向けた取組みの余地がある状態
c:b以上の取組みとなることを期待する状態

  • 各評価項目、評価細目が示す判断基準は、「判断水準」、「評価基準の考え方と評価の留意点」、「着眼点」により総合的に示しています。
  • 判断基準(a b c)は、評価項目に対する到達度の状況を示しています。
  • 評価項目の水準は一定ではない為、a b cは事業所のランク付けではありません。

自己評価を行う際には、上記を踏まえての評価をお願い致します。

社会的養護関係施設第三者評価基準ダウンロード(全国共通)

社会的養護関係施設第三者評価基準(児童自立施設)のダウンロード(PDF)

社会的養護関係施設第三者評価基準(児童養護施設)のダウンロード(PDF)

社会的養護関係施設第三者評価基準(情緒障害児短期治療施設)のダウンロード(PDF)

社会的養護関係施設第三者評価基準(乳児院)のダウンロード(PDF)

社会的養護関係施設第三者評価基準(母子生活支援施設)のダウンロード(PDF)

社会的養護関係施設第三者評価料金表

社会的養護関係施設第三者評価料金表のダウンロード (PDF)

 

*当機構では、社会的養護関係施設の第三者評価は全国対応しております。無料でお見積もりを承ります。お気軽にお問い合わせ下さい。

見積り依頼書のダウンロード(PDF)

評価実績

現在までの社会的養護関係施設の評価実績については以下のリンク先よりよりご覧になれます。

お気軽にお問い合わせください

お問い合わせバナー